a life with you
キミとこりらん、そしてボク

■ 最近の記事

■ カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

■ 最新コメント

■ 管理人編集用

■ カテゴリー

■ カウンター

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2016年4月11日晴れ
気づけば4月11日。試験が8月11日ですので、残り4か月となりました。

4月11日~30日 20日
5月1日~31日 31日
6月1日~30日 30日
7月1日~31日 31日
8月1日~10日 10日
合計 122日

まだ122日ありますので、この中で、できることをコツコツやることにします。

【現状】
残っている専門学校のWEB講座
第1回~第11回 消化
⇒ただし、計算問題演習・理論暗記は中途半端
⇒第1回テストも未消化
第12回(4月1日)・第13回(4月8日) 未消化
第14回(4月15日)~第28回(8月1日) 今後配信

【今後の作成】
(1)計画を立てていない、立ててもすぐ断念
⇒専門学校のスケジュールにのっかって勉強をする
⇒週に1回は調整の日を設ける

(2)WEB講座なので孤独な戦いになりやすい
⇒このブログで毎日勉強状況を1行でもいいから報告
⇒卯月さんは見てくれるはず

(3)それでも挫折するかもしれない
⇒専門学校の「学習サポート制度」の利用
⇒税理士講座の専任講師にいろいろ相談できるらしい

【明日の予定】
・専門学校に電話して、学習計画について相談
※卯月さんの誕生日
勉強場所を求めて
事業税の勉強も、テキストNo.1が終わりました。

No.2が終わると1回転で、あとはテストに続きます。

勉強時間は通勤時間、昼休み、夜ですが、このうち、昼休みについては、1時間のうち、さっと食堂できりあげて、適当なところを探して勉強しています。

といっても、なかなか適当なところがなく、あまり集中できなかったりするので、いい勉強場所がないか探し中です。

3月も残りわずかですが、卯月さんが体調を崩しているので、家事も育児もがんばらねばねば。
外税控除が多すぎる
何週目かだんだんわからなくなってきましたが、3月決算に向けて準備中です。

勉強の方はあんまり進んでおらず、言い訳ばかりになってきたので、ここらでエンジンをかけ直します。

大学院をよくすすめられますが、できる限り試験で合格したい、と思いながら、この状態ではまた同じ結果になってしまいますね。

そういえば、ここ数年、確定申告では、外税控除がよく出てきます。

気軽に投資しているんだと思いますが、金融証券税制はカオスな上に、法人税以上(あんまりやったことないけど)に所得税の外税控除は難しいですね。

ミスに気づかずやり直しになったことがいくつかあり、また1年経つとすっかり忘れて同じミス・・・。

あとはふるさと納税が多いです。領収書だらけ。集計するだけだから簡単ではありますが、お金を持っている人はふるさと納税しなくて買ったらいいのに、と思ってしまいます。そんなことをいったら、「だからお金が貯まるんだよ」と深い一言。

なるほどね。
7週目:確定申告真っただ中
確定申告も折り返し(?)。

自分の担当先はほぼ終わって、後はフォローです。

試験勉強の方は、土日で3回分の講義を視聴。

ようやく追いつきましたが、計算・理論ともに全然演習ができていないので、これからですね。

今日は妻の親・妹弟が来て、部屋の片付けも少し進みました。

う~ん。やりたいことはいっぱいです。
5週目:確定申告スタート
毎週の予定がすっかり1か月がたってしまって卯月さんもご立腹ですが、進捗としては、なんとかWeb通信を消化しているところです。

国税ばかりやってきたので、事業税というか、地方税は独特ですね。

まずは分割基準をやってますが、都道府県の税金の奪い合いを自分で計算しろという制度は、よく考えるとおかしな話で、全部国税にして欲しかった、と思いました。

まあ、冗談ですが。

こんな感じでゆるく続けていきたいと思います。

===
14日は、卯月さんからバレンタインデーのチョコレートをもらいましたが、最初はもらえない予定で、私は相当哀しい顔をしていたそうです。

また、保育園のバス旅行でイチゴ狩りもやりましたが、子どもたちがあってへ行ったりこっちへ行ったりで、体力消耗。

あれ、前回の記事と同じようなこと言ってるな^^;
1週目:本日より事業税の勉強開始
今年も大原で始めました。

相続税をやめて事業税にしましたが、いずれも5科目目に受験する人が多い受験生のレベルが高い科目の1つではあるものの、気分を変えて挑むことにしました。

実務では外形標準課税の申告は、実はやったことがなくて、ちょっと新鮮です。

というより、そもそも申告書を作ること自体が少ないというあるまじき状態です。

1週間単位でWEB視聴で進めていきます。

このブログにも、進捗を週に1回は書きたいと思いますが、そういって何度か書いてなかったような(-_-;)

土日に視聴⇒平日に復習・理論暗記⇒視聴のサイクルを上手に回せるようにがんばります。

===

今日は妻と子どもたちと妻のご友人の新居見学に行きましたが、子どもたちを追いかけるだけで精いっぱいでした。

子育てに体力って必要ですね。
2015年の税理士試験を終えて
ご無沙汰してます、卯月です。
職場の忘年会まで暇なのでiPad miniから投稿してみます。

間が空き過ぎてパスワードを何か覚えてませんでしたが、試しに
いつものを入れたら入れました。

パスワードの使い回し万歳(爆

いやー、一時期他のいろんなサービスでIKEさんがいろいろパスワードを
変えまくってたんですが、これは逆に放置し過ぎて昔のままでした。

・・・はい、脱線はここまでにして。

IKEさんの本名を知ってる方は官報をご覧になってご存じかもしれませんが、
今年も落ちました。(-人-)ナムナム 名前載ラナカッタヨ

しかも、昨年は相続税でA判定だったのに今年はB判定。。。

もういっそ、一度来年は受験自体をやめて休憩したら、と
妻から提案してみましたが、受験しないと職場で針の筵なんだそうです。

えー。。。

来年は事業税で行こうと思ってるらしいです。

また経過についてはIKEさんから報告があるかどうか、、、はてさて。
(少なくとも私が教えないと、この記事の更新自体気付いてもらえないです・涙)


さて、試験から離れて家族の近況ですが。

双子の娘たちは3歳6か月になりました。
先月は、次女のイヤイヤに手を焼かされましたが、七五三の撮影と参拝も行ってきました。

昨年は長女が肺炎や肺炎になりかけで何度も入院して大変でしたが、
今年は春以降は一度も入院せず、たまに鼻水や咳は出ますが発熱もほぼなく、
元気に保育園に通っています。

やっぱり、家族が揃って健康なのが何よりですよねぇ(しみじみ)。

こんな我が家ですが、また来年もよろしくお願いいたしますm(_ _)m
2015年度税理士試験合格に向けて
このブログもかなりご無沙汰しています。

卯月さんから「更新がなくてさみしい」と言われながらなかなかできませんでしたが、久しぶりの更新です。

2015年になってしまいましたが、今年も税理士試験の残り1科目に挑戦です。

しかも、合格発表後、仕事優先で進んでいたので勉強はこれからスタートです。

2014年の相続税法の結果は、A判定でした。

もう相続税法も何度目になるかわからないくらい(たぶん4回目か5回目)受けていますが、合格しない理由はただ1つ。

ちゃんと勉強していないからです。

子どもが産まれていろいろとやるべきことが増えた、ということはもちろんあるのですが、試験が終わるたびに「勉強が足らなかった」と思うことばかりです。

それでも、社会人になってから10年が経ちますが、今ほど勉強に正面から向き合うのが難しいことはないと日々思うとともに、単に逃げているだけではないのかなとも思うところです。

難しいですね。

今日もお客さんから、「早くあと1科目合格して税理士になりなよ!」と励ましの言葉をかけていただきましたが、昨年も一昨年も・・・。

とまあ、久しぶりの更新でいきなりネガティブなことを書いても特にいいことはないのですが、思ったことはここできちんと吐き出して、吐き出して、吐き出して・・・吸いたくなったら思いっきり息を吸えばいいのだと思いますので、ここからは、合格目指して進んでいく姿を描いていきます。
相続税法の自己採点
各専門学校の解答速報が出たので自己採点しました。
点数としては55~75点です(ボーダーは61~67点)。

なぜ20点も幅があるかといえば、理論の第1問で見解が分かれているからです。

相続税法の第1問は、

贈与税は、相続税の補完税としての役割を有するといわれているが、そのことから設けられている相続税法上の規定を列挙して説明しなさい(ただし、相続時精算課税に関する部分については記載を要しない。)。

でした。

問題は「相続税法上の規定」の部分です。

TACとLECでは、「措置法上の規定」である非上場株式等と農地等の納税猶予の規定が除かれています。

一方、大原では、「措置法上の規定」である非上場株式等と農地等の納税猶予の規定が含まれています。

試験を受けている最中に、措置法のこれらの規定を書いて失敗したと思っていたのに、大原はがっつり書いていてびっくりしました。

「相続税法上の規定」と言われたら、ダメだと思うんですが…。
もう1つ措置法を解答速報に挙げていたネットスクールでは、講評の中で「相続税法上という限定があったことより措置法の取扱いが微妙になると思われます。」と書いており、普通そうだよね、というところです。

ちなみに、大原は理論があっさりしているためか、計算で時間が使えた前提になっていてボーダーが高く、理論・計算合わせて67点となっていました。

一方、TACは理論で時間がかかることが想定されていたせいか、計算は低めで、ボーダーは理論・計算合わせて61点となっていました。

というわけで、第1問の理論が何点取れたかで合否が決まりそうな予感です。
今年の試験を終えて
相続税法、受験してきました。
昨年よりは・・・がんばりましたが、相変わらず時間がなさすぎますね。。。

【理論】

問1 補完税としての贈与税について(相続税法の規定に限る)

受験生ならよく見る応用理論ですね。主要理論の中から4つは書きましたが、税率や修正申告とかまでは書けず。誤って措置法の規定も書いてしまって余計な時間を使ったのが悔やまれます。


問2 公益財団法人への贈与に対する非課税規定

措置法70条関連を書くべきところであり、書きました。申告後に注意することがあっていればよいのですが。。。それがあっていればここは完答。

理論で使えた時間は50分でしょうか。

【計算】
宅地等
複雑怪奇。ほぼ飛ばしました。

非上場株式等
今年は重点的にやったおかげか最後まで到達しましたが、純資産価額の計算が変な出題形式で手ごたえが全くありません。

その他の財産
一見簡単そうでやってみるとなんか微妙で、しかも思った以上に数が多く、実は最初にこっちからやったのでどんどん時間がなくなりました。どれだけ合っているかが合否の分かれ目でしょうか。

税額控除
こちらも1点狙いでいくつか書きましたが、精度が低そうです。

計算は90分あっても足らないような中、70分でやりましたので、今年も宅地等はほぼできませんでしたし、課税価格計算・税額計算も中途半端だったように思います。何点取れたのか、全く見当がつきません。


ひとまず今年の試験は終わり、また12月を待つしかありませんが、毎度のことながら、合格した!という実感がありませんね。

でももし、来年も受験するなら(卯月さんからは反対の声があがりますが)、相続税法ではなくて事業税か固定資産税に変更でしょうかね。。。

ミニ税法は満点勝負とも言われますが、国税3法に代表されるボリュームの多さに対応するのが厳しくなってきたように思います。

■ 4クママンガ

試験お疲れ様でした。人間には切り替えが大事です。こういうときこそリラックマたちでいやされましょう。特に週2回無料連載中のこちら(↓)がおすすめです。 リラックマとコリラックマとキイロイトリのほっこり4クママンガ

■ 検索フォーム

■ はじめまして

妻とこりらんに囲まれたボクの日々を綴っていきたいと思います。

■ 月別アーカイブ

■ プロフィール

IKE(ボク)


卯月(キミ)


こりらん(マスコット)



■ RSSリンクの表示


copyright 2005-2007 a life with you all rights reserved. powered by FC2ブログ. designed by マンション購入記
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。