a life with you
キミとこりらん、そしてボク

■ 最近の記事

■ カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

■ 最新コメント

■ 管理人編集用

■ カテゴリー

■ カウンター

相続税法は「人」が命の税法
29日は祝日ということで、東京の自宅で半日勉強した

残念ながら1日と言えないのは、昼過ぎまで寝ていたからで、
このブログを書いているのが起きてから12時間後であるorz

本当はka-yaさんのように朝7時台にコメントができるような
そんな颯爽とした朝型人間になりたいと願うものの、
現実は爽やかには行かず、どれだけギリギリまで布団の中に
いられるかを頭の中で計算する日々である

えっと、

何を書きたかったんだっけ。。。


あ、そうだ。相続税法の話だ

残り100日をきって、O原の講義も応用理論に入ってきた。
そこで、これからしばらくは試験勉強のことを少しずつ
書くことにして、気分転換をはかりつつ頭の中を整理するという
一石二鳥大作戦である。

そうでもしないと発狂するよ。
ワトソン君


さて、9月から相続税法を勉強してきて今のところ
相続税法はどういうものかなということを少し書いてみる。
独断と偏見なのであってるかどうかは読み手にお任せする。


法人税法は、「行為」が命の税法である

商品を売る、有価証券を売る、土地を売る、
商品を買う・作る、建物を買う

などなど行為によって課税関係が異なる。

所得税法や消費税法も似たような性格を持っているような気がする。


一方で相続税法は、「」が命の税法である

財産を相続・遺贈・贈与によって取得した人が、

相続人なのか包括受遺者なのか、法定相続人なのか、
居住無制限納税義務者なのか非居住無制限納税義務者なのか
制限納税義務者なのかはたまた特定納税義務者なのか、
配偶者なのか、扶養義務者なのか、養子なのか

などなどによって、適用される規定が大きく異なる。

もちろん、「何をどうした」というところも大事だが、
法人税法では、基本的には問題は「株式会社ナントカ」が
対象になるので、「誰?」という点について神経質になる
必要はあまりないが、相続税法では「誰?」を読み誤ると
痛い目に遭う。


・・・そういうことをようやく100日きって気づいた次第である。

うむ。よく間に合った。1日前じゃなくて良かったね
と冷や汗をかく昭和の日であった。

そういうわけで、今週は「誰?」という点に注意して
問題演習をしているところである。

スポンサーサイト
IKE
典型的な朝型人間の方が絶対にいいと思いますよ!
いつも朝はぼーっとしていて、夕方になると目が覚めると
いわれますorz

理論暗記も本当は朝にしたいのですが、
気づくと「夢」なので、難しいですね・・・。
ka-yaさんがうらやましい限りです。
ka-ya
僕は7時半くらいには事務所に行ってブログ巡回した後(爆)、
朝礼が始まるまで理論暗記するようにしてます。
その代わり夜はホントにダメですね~…。
典型的な朝型人間だ…。

発狂しそうになる気持ち、わかります。
お互い気をつけましょう(笑)










管理者にだけ表示を許可する

■ 4クママンガ

試験お疲れ様でした。人間には切り替えが大事です。こういうときこそリラックマたちでいやされましょう。特に週2回無料連載中のこちら(↓)がおすすめです。 リラックマとコリラックマとキイロイトリのほっこり4クママンガ

■ 検索フォーム

■ はじめまして

妻とこりらんに囲まれたボクの日々を綴っていきたいと思います。

■ 月別アーカイブ

■ プロフィール

IKE(ボク)


卯月(キミ)


こりらん(マスコット)



■ RSSリンクの表示


copyright 2005-2007 a life with you all rights reserved. powered by FC2ブログ. designed by マンション購入記